むくみ解消に漢方

MENU

むくみの解消に有効な漢方について

漢方薬のことを話す女性

むくみには漢方薬も有効です。東洋医学に基づく漢方薬を利用することで、効果的にむくみを軽減することも可能なのです。

 

ただ、むくみと一言に言ってもいろいろな種類があり、それに応じた漢方を飲まないと効果は望めません。自分のむくみの種類と、それに応じた漢方薬を知っておきましょう。

小青龍湯(しょうせいりゅうとう)

細辛(さいしん)という生薬の入った小青龍湯は、身体の中から温めて汗を出すことで体表部から水分を取り除くという効果を持っています。

 

主に、急性のむくみやまぶたから顔全体へと広がるむくみ、悪寒を伴うものに効果があります。その他、鼻水などにも効果があるため、風邪の引き始めや鼻炎時にも効果を発揮する漢方です。

 

療方調流(りょうほうちょうりゅう)

沢瀉(たくしゃ)という生薬の入った漢方が療方調流です。この漢方には身体の中に停滞している水分を正常に流れるようにすることで、利尿作用を促し体外へ排出させるという効果があります。まさにむくみにうってつけの効果があるのがこの漢方というわけですね。

 

主に、下肢にむくみがある場合や身体のだるさがある場合、また汗をかかず尿の量も少ないという人向けです。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已(ぼうい)という生薬の入った防已黄耆湯には、尿の排出を促進する効果がある他、胃腸機能、水分の循環作用を高めて元気づけることでさらに水分を排出しやすくするという効果を持ちます。

 

主に下半身にむくみが目立つ場合、体全体に元気がない場合、汗をかきやすい場合などに用いられます。肥満傾向にある人は、防已黄耆湯を用いる場合が多くあります。むくみを取る他、多汗症や肥満症(水太り)に効果があります。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰(とうき)という生薬が効能を持つ当帰芍薬散には、体全体の循環(栄養や水分のめぐりなど)を正常にし、正しく水分が排出されるようにする効果があります。

 

主に、軽いむくみが持続する人、いつも顔色が悪く肌にツヤがない人、月経血の量が少ない人に用いられる漢方です。比較的体力がなく、冷え性であったりする場合にはこちらが効果的でしょう。

 

 

むくみを取るための漢方はこのように様々なものがありますが、症状によって用いる漢方はまったく異なります。自分がどんなむくみの症状を持っているのか、まずは確認してから利用するようにしましょう。

 

漢方も正しく利用すれば、身体を良い方向に切り替えてくれるとても頼もしい味方になるのです。

 

 

⇒むくみを解消するためのおすすめサプリメントランキング