むくみで体重増加

MENU

むくみが出ると体重も増加してしまう

女性看護師

むくみのせいで体重が増えたという話、よく耳にしますよね。しかし、むくみのメカニズムを知ってしまうと、むくみは血液中の水分が原因となって起こっていることがわかります。

 

そのため、「結局血液中の水分が血管に戻らないことが原因なのに、どうして体重に関係するのか?」という疑問が生まれることでしょう。そこで、むくみと体重の関係性についてをお話していきたいと思います。

どうしてむくみで体重が増えるのか?

体がむくむと、確かに見た目が普通の時よりも大きく見えてしまうので、太ったように見えてしまいます。しかしこれは見た目がそう見えるだけで、体重には影響しません。そのため、服のサイズには困るけれど、体重は大して変わらないのです。

 

ただし、体がむくみやすくなると、同時に太りやすい体質になってしまいます。体がむくんでいると、リンパ管や血液の流れが滞るため、老廃物が排出されにくくなります。その結果、体全体の代謝が低下するため、エネルギー効率が悪くなるのです。

 

こうなってしまうと、食事でとったものの代謝がきちんと行われず、体重が増える結果となってしまいます。体がむくむと体重が増えるというのは、このように「むくみやすい体になることで太りやすい体質になる」ことが原因だったわけですね。

 

むくみが病気の症状だった場合も太ることがある…?

体重計

腎臓や肝臓の病気になると、症状の1つとしてむくみが現れることがあります。

 

これらの病気にかかると、代謝が低下するため急激に体重が増加してしまうこともあるようです。また、薬の副作用で代謝が下がり、太りやすくなってしまうこともあるでしょう。

 

さらに、女性に多い病気と言われている甲状腺障害。これもむくみが起こり、体重も増加しやすい病気の1つです。この病気にかかると、顔が垂れ下がるほどひどいむくみが起こったり、
食欲が低下するのに体重が増えるなどの症状が起こるようになります。

 

もし、むくみが酷く、食欲も低下しているのに体重だけが増えている…という人は、一度病院に行って診断を受けることをおすすめします。

 

 

以上のように、むくみと体重増加には意外と深い関係性があることがわかります。

 

むくみやすい体質になっていることが原因で体重が増加することもあれば、何かの病気の兆候であることもあるのです。とにかく少しでもおかしいと感じた場合は放置せず、早めに医師の診断を受けるようにしていきましょう。

 

⇒むくみを解消するためのおすすめサプリメントランキング