ダイエットがむくみの原因に

MENU

間違ったダイエットはむくみの原因となることも

むくみはダイエットの敵とも言えるもの。「むくみがあるからダイエットをしているのになかなか痩せられない…」そんな悩みを抱えている人は多いと思います。

 

でも、実は間違ったダイエット法をしているとむくみに繋がって、余計に痩せにくくなるという悪循環にはまってしまうことになるのです。

無理な食事制限で足の筋肉量が減少すると…?

むくみとダイエットの関係を説明する女性

ダイエットを無理な食事制限だけで行っていませんか?食事をバランスよく3食しっかり食べ、適度な運動を行うようなダイエットを行っている分には何ら問題ありません。

 

しかし、運動をせずに食事量を極端に減らすようなダイエットを行っていると、全身の筋肉が衰えてしまうことになります。

 

その結果、足の筋肉量が減り、下半身の血液を心臓に戻す役目をしている脚の筋肉のポンプ作用が正常に働かなくなってしまうのです。こうして下半身の血流が滞りやすくなり、むくみが起きやすくなってしまいます。

栄養不足が様々な悪影響を及ぼす

過度に食事制限を行ってしまうと、栄養が不足するため低蛋白血症や低アルブミン血症などを引き起こしてしまいます。

低蛋白血症とは?

血液中に含まれているタンパク質の濃度が低下してしまう状態です。タンパク質といえば筋肉を作ったり代謝を維持したり、免疫力を維持したり…と、体の中で重要な役割を果たしているものです。これが少なくなってしまうことで、本来の役目を十分に行うことが出来なくなってしまいます。

 

その結果、筋肉量の低下や免疫力の低下、代謝の低下などが起こり、むくみやすく痩せにくい体質が出来上がってしまうのです。

低アルブミン血症とは?

体内のタンパク質の6割〜7割はアルブミンです。そのアルブミンの濃度が著しく低下すると、低アルブミン血症となります。アルブミンが少なくなると、膠質浸透圧が低下します。

 

これは、毛細血管が血管の内側と外側で水分の調節を行うために必要なものであるため、低下してしまうと水分の調節が正常に行われなくなってしまいます。その結果、細胞に余計な水分が流れこむようになり、むくみやすくなるのです。

 

ビタミンB1欠乏症の恐れも…?

無理な食事制限を行っていると様々な栄養素が不足してしまいます。その中でもビタミンB1が不足すると大変です。ビタミンB1が不足すると、様々な健康障害を引き起こす脚気になってしまう可能性が高まるからです。脚気になると、全身性のむくみを起こしやすくなるため、ダイエットもしにくくなってしまいます。

 

 

このように、間違ったダイエットを行っているとむくみやすい体質を作ってしまうだけでなく、様々な健康被害を受ける可能性が高くなります。

 

ダイエットを成功させるカギは、食事をしっかり3食バランスよく食べること。その上で運動もきちんと行って、少しずつ脂肪を燃焼させていくのが理想です。無理なダイエットはせず、長い目で見てコツコツと取り組んでいくようにしましょう。

 

⇒むくみを解消するためのおすすめサプリメントランキング