むくみとセルライト

MENU

むくみとセルライトの関係について

むくみとセルライトの説明をする女性医師

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいた…立ち仕事や座り仕事のせいで、夕方になると足がパンパンになり、靴がきつい…そんな悩みに直面したことがある女性は多いと思います。

 

このようなむくみの症状、これだけでも困ってしまうことこの上ないものですが、実は放置しておくとセルライトをができる原因となる可能性があるため、ひじょうに厄介です。

 

このページでは、セルライトとむくみの関係について紹介していきたいと思います。

 

そもそもどうしてセルライトができるの?

セルライトは肥満体質の人だけにできるもの、と思っていませんか?でも、それは違います。セルライトは特に太っていない人でもできてしまう可能性があるものなのです。

 

脂肪細胞が肥大化したりむくみが起こると、毛細血管やリンパ管が圧迫されます。その結果、老廃物の排出が上手く行われなくなってしまうのです。こうなると老廃物や余分な水分が排出されないままどんどん溜まってしまうことになり、代謝もどんどん低下していきます。

 

代謝が悪くなってしまうと、その分脂肪細胞が燃焼されにくくなるので、溜まった脂肪細胞に水分や老廃物がこびりつきやすくなります。こうして脂肪細胞に老廃物や水分がこびりつくと、硬くて落としにくいセルライトが出来上がるのです。

 

つまり、セルライトができる原因は肥満体質であることだけでなく、むくみ体質であることも関係していることがわかりますね。

セルライトが出来る前にむくみを解消していこう

セルライトになってしまうと落とすのは非常に大変です。そのため、セルライトがついてしまわないように、むくみ体質にならないことを心がける必要があります。

 

むくんでいると感じた場所は積極的に筋肉を動かすようにしましょう。そうすることで老廃物をたまりにくくさせ、むくみにくくすることができます。また、イモ類やバナナなどの食べ物は代謝を高めてくれるので、水分の排出が効率よく行われるようになり、むくみにくくなります。

 

その他にも、なるべく食事は薄味にするように心がけたり、きつすぎる洋服を着ないようにするとよいでしょう。きつすぎる洋服は体を締め付け、血流を悪くしてしまうのでむくみやすくなります。注意しましょう。

セルライトができてしまったら、どうする?

セルライトは落としにくいと言われている頑固なものですが、決して落とせないわけではありません。むくみが原因でセルライトができてしまったとしても、正しい知識をもっていれば確実に除去していくことができます。

 

基本的にセルライトを除去するために大切なのは、温めることです。セルライトは冷えた状態だと硬くて分解することができません。しかし、温めることによって柔らかくなり、分解されやすくなるのです。

 

ちなみに、セルライトを温めるのにオススメなのは半身浴です。半身浴で気になる所のセルライトを温めながら、手でマッサージするなどしてもみほぐしましょう。こうすることで、凝り固まったセルライトを分解しやすくなるはずです。

 

 

以上のように、セルライトとむくみには深い関係性があります。
厄介なセルライトを作らないためには、むくみを解消することが一番です。むくみに悩まされている人はまず、むくみを改善するための方法に取り組んでみるようにしてみましょう。

 

⇒むくみを解消するためのおすすめサプリメントランキング