病気でむくむ

MENU

病気が原因でむくみが出ることもある

むくみと病気の関係を説明する女性

夕方になると足がむくんでしまって靴がきつい…
そんな経験をされたことがある人は多いと思います。
でも、大抵の場合、このようなむくみを感じても次の朝には元に戻っていますよね。

 

これは、夜寝ている間に足に溜まってしまった水分が、本来あるべき所に戻るからです。つまり、基本的にむくみは一時的なものが多いと言えます。

 

しかし、病気によってむくみが起こっていると、常に水分が溜まったまま戻らなくなってしまうようになります。このようなむくみは医学用語で「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれており、早めに原因をつきとめ、改善していく必要があるでしょう。

 

それでは、病気によって起こるむくみについてのお話をしていきたいと思います。

病気によって起こるむくみはどこに現れやすい?

基本的に、病気によって起こるむくみの場合でも、最も現れやすいのは足と言われています。また、手や指など普段はあまりむくまない所のむくみも起こりやすいようです。

 

このような病気によるむくみの殆どは全身性浮腫と言われており、それ以外のものは局所性浮腫と言われています。それでは、全身性浮腫と局所性浮腫には具体的にどのような病気があるのか、それぞれご紹介していきましょう。

 

全身性浮腫
心性浮腫

心臓の病気が原因で起こるむくみです。立った状態の時は足がむくみやすく、寝た状態では背中や腰がむくみやすくなります。また、夕方以降に症状が強くなる傾向があるようです。むくみ以外に見られる症状としては、静脈が拡張するため膨れ上がって見えたり、夜間に呼吸困難が現れたりします。

腎性浮腫

腎臓の病気が原因で起こるむくみです。手や足のむくみの他にも、急性糸球体腎炎の場合はまぶたがむくんだりすることもあります。また、ネフローゼ症の場合は全身が強くむくむようです。その他には倦怠感や食欲低下、蛋白尿などの症状が見られます。

肝性浮腫

肝臓の病気が原因で起こるむくみです。むくみと一緒に復水の症状が出ることが多いと言われています。また、肝機能障害によって起こる特有の症状、黄疸なども起こりやすくなります。

 

局所性浮腫
静脈性浮腫

痛みを伴うほど強いむくみに悩まされます。その他、皮膚炎や色素沈着などの症状も現れるようです。

リンパ浮腫

リンパ管炎を伴うと痛みのあるむくみに悩まされます。その他、疲れやすくなったり倦怠感、体が重いなどの症状が起こります。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量が低下することによって起こる、甲状腺機能低下症もむくみを症状の1つとする病気です。この病気によって起こるむくみは「粘液水腫」と呼ばれており、むくんだ場所を指で押してもあとが残らないという特徴があります。

 

このようなむくみの症状の他にも、記憶力の低下や全身の倦怠感、便秘、皮膚が乾燥しやすくなるなど様々な症状を伴います。

 

 

以上が、むくみを症状とする病気です。

 

むくみは一晩で治るようなものであれば一時的なものなので特に気にする必要はありません。しかし、常にむくんでいるような状態が続いているのであれば、それは何らかの病気のサインかもしれません。早めに医師に相談して、適切な処置を行っていくようにしましょう。

 

⇒むくみを解消するためのおすすめサプリメントランキング